ブラックジャック パロディ漫画

ブラックジャック パロディ漫画

あなたも好きかも:パチスロ 鉄拳3 ゾーン
ぜいぜい言っているので、相当急いだようだ

7階という高い位置を見上げて、わたしは感心してしまう

わたしがこんなところを駆けあがって、駆け下りたら、きっとぶっ倒れるに違いない

「じゃあ、行くぞ」 ベンノがスッと脇に手を入れて、当たり前のようにわたしを抱き上げた

 わたしの歩くスピードは成人男性にはとても耐えられない速さだとオットーに言われたので、最近はおとなしく抱きあげられるままになっている

抵抗したら疲れるだけで無駄だと諦めた

「神殿に入る者は他のギルドに所属してはならないなら、神殿で商業ギルドとやり取りできるのは、マインだけということになる

あなたも好きかも:仙台 スロット イベント
もうすでに登録している、で押し通せなかったら、金をちらつかせてもいいから、工房活動を認めさせろ」 商業ギルドへの道すがら、ベンノはほんの少しの時間も惜しむように、次々と対応策や交渉の仕方を述べていく

全部メモを取りたいけれど、取れないのが惜しい

じっとベンノを見ながら、少しでも多くの情報を得ようと耳と脳味噌を総動員する

「さっきも言った通り、青の神官が減って、孤児達には仕事がなくて、寄付が減っている可能性がある

彼らに新しい道を与えたいとか、仕事を与えたいとか、生活環境を整えたいとか、適当な綺麗事をこれでもかと並べ立てて、工房の権利を認めさせろ

何をするにも金が必要な事くらいは神殿側もわかっているはずだ」「はい」「ついでに、当人達にも働かせるとか、体調管理をするヤツがいないと行動できないとか、1の真実を10でも20でも膨らませるような言い方をして、労働力も確保しておけ

ルッツはもう店に入っているから、週の半分は使えなくなる」「なるほど」 いちいち具体的でわかりやすい対策にわたしは何度も頷きながら、頭の中を整理していく

綺麗事を並べて工房の権利を勝ち取り、虚弱さを誇大して労働力を確保する

確かに、工房があってもわたしだけでは動かない