和光 スロット 優良店

和光 スロット 優良店

「……で、……話しはどうだったの?」「うん、……悪くなかったよ」 そう答えた時、「さむーっ」と、洋一と反町が戻ってきた

あなたも好きかも:ブラックジャック ユリ
「戻ってきたか、箱入り娘」 洋一が背後を通る時に、ポンポンと、優樹の頭を撫でていく

優樹は目を据わらせたが、ふと、反町と目が合った

「おかえり

あなたも好きかも:ルーレット ストリートベット
……お父さん、なんだって?」 コートを脱ぎながら訊く反町の、その、極普通の態度が無性に気に食わなかった

当然と言えば当然だが、しかし、脳裏で「……鈴木さんのこと、心配じゃないの?」と浮かんでしまったら、もう止まらない

 空いている椅子に腰掛けた反町は、じっと、睨むように行動を見つめる優樹に「……?」と首を傾げた

「……何? ……、どうかした? ……お父さんに何か言われたのか?」 優樹はムスッと頬を膨らませた

「……、会ってきたのはお父さんじゃなくて、鈴木さんっ」 不愉快げに言った後、生美以外のみんなが「……はっ?」と優樹に注目する

 反町は表情を消していたが、次第に段々と不愉快げな顔付きになってテーブルに肘をついた

「……で? なんで会ったわけ?」「呼ばれたのっ

鈴木さんにっ」「なんでそのことを言わなかった?」「秘密にしてって、鈴木さんに言われたからっ」 睨み合う二人の間、みんなは顔を見合わせた

と、その時ドアが開いて無言で立花が戻ってきたが、室内の異様な雰囲気に気付いてみんなを見回し、睨み合っている反町と優樹を見るとニヤリと笑って空いている席にすぐに腰掛けた

あなたも好きかも:パチンコ ハイエナ 朝一
「……で、今の状況は?」 少し愉快げに隣の一平に聞くと、「……今始まったばかりや」と呆れ気味に小さく返事をされた

 反町は「……はあ」と、深く息を吐いて肩を落とした

「……で、今度は何を言われたんだ?」 不愉快そうな彼に、優樹はムカッと眉をつり上げた