パチスロ 新台エヴァンゲリオン

パチスロ 新台エヴァンゲリオン

しかし、それで良かったのかい?」「うん

勿論」 風音は頷き、すでに仕様を聞いている直樹も納得済みという顔だった

「俺は操者の魔剣の遠隔攻撃に頼りすぎてた面がありますし、今は剣士としての力を上げたいんです」 そして直樹はそう答えた

アイキスもなるほどと頷いたが、直樹はこれまで魔剣を飛び道具として扱ってきていた

今まではそれでも良かったが、結局遠くから戦っていては魔剣を活かし切ることはできず、その能力にも歯止めがかかっていた

それを悪魔戦を経たことで直樹は甚く反省していた

「ま、そうはいってもコイツも渡すんだからそっちの方面もがんばっては貰いたいけどね」 そういってアイキスが取り出してテーブルにおいたのは二つの虹色のイヤリングだった

あなたも好きかも:5号機 スロット アプリ
「クリスタルドラゴンの目を加工した遠見のイヤリング

あなたも好きかも:最新 パチンコ 動画 実践
これはあんたの目となって、かなり離れた距離までを見通せるようになるわけだが」「ま、私の叡智のサークレットの遠隔視みたいなもんだよね」「さすがにそこまで見渡せる距離は出ないけど、戦闘範囲内なら十分に見通せるだろうね」 叡智のサークレットはアーティファクトには及ばないモノの強力な魔法具だ

今では失われた技術も使われており、現代で再現するのは難しいようだった

あなたも好きかも:ダンバイン パチンコ 魅力
 直樹は水晶竜の剣を鞘に収めて、イヤリングを自分の耳に付ける

「その剣はアンタのものだ