オラクルベリー カジノ sfc

オラクルベリー カジノ sfc

まともな魔術師が彼女の攻撃を前に無事でいられるわけがないのだ

改めてなぜ自分が彼女の攻撃を前に生き抜くことができたのかと、康太は不思議でしょうがなかった

「まぁ改めて、もし俺らの中の誰かと一緒になったらよろしくお願いします

俺と師匠と姉さんはそれぞれ別の場所に行くので」「あぁそうなの

確率的には三分の一かな

あなたも好きかも:バカラ カプリ ワイングラス
いや、攻略点は一応四つだから四分の一かな?悪い賭けじゃないね」「本当に師匠と一緒がいいんですか?」「支部長的にはそのほうがありがたいんじゃないかな?たぶんそのほうが被害は減らせると思うけど」確かに小百合とアマネを一緒にすれば、おそらく余計な被害自体は減らすことはできるだろう

だがこの二人を一緒にすると仲間同士での戦闘が起きかねない

今回は仲裁役となる真理は別行動だ

しかも小百合はすでに春奈と行動を共にすることが確定している

ただでさえ機嫌が悪い中で最悪の相性ともいえるアマネが一緒になれば、小百合の堪忍袋の緒はほぼ限界ぎりぎりになってしまう可能性が高い

あなたも好きかも:パチンコ 設定 意味ない
戦闘どころの話ではなく、ちょっとした刺激で味方を攻撃しかねないのだ

そんな恐ろしい状況にさせるわけにはいかない

少なくとも康太はそんな状態にさせたくはなかった

支部長がどのように考えているかは不明ではあるが

「まぁ・・・こればっかりは運ですから、期待しないでください」「そうだね、一緒だったらラッキー程度に思っておくよ

やれることをやるだけさ」おそらく仮面の下ではさわやかな笑みを浮かべているのだろう

好青年のような反応をしているのになぜ小百合はこの男をあそこまで嫌うのか、康太には理解できなかった

また同様に、なぜこのような好青年のような反応をする人が小百合のことを好きなのかが理解できなかった

「集まってくれてありがとう