化 物語 スロット 事故

化 物語 スロット 事故

自力で圧縮できない者に教えるつもりは毛頭ございません

生死に関わるのですから」「当然だな」 神官長はゆっくりと頷いた

お父様とエックハルト兄様も頷く

ダームエルだけは所在なさそうに立ちながら、むしろ、自分の扱いがどうなるのか気になっているような顔をしていた

あなたも好きかも:アメブロ スロットシグマ
「それから、わたくしが属する派閥の者に限らせていただきます」「……君の?」「はい

わたくしは自分に敵対する者の魔力増幅の手助けなどするつもりはございません」 元々、わたしは魔力量だけで平民なのに青色巫女見習いとして優遇され、領主の養女となったのだ

魔力量に対して多少の優位性は保っておきたいし、敵対する可能性がある者の魔力を伸ばすようなことは、いくら考えなしだとか、無防備と言われているわたしでもやりたくない

「わたくしの派閥に属する者、即ち、フロレンツィア派に属する者に限る、と対象を決めておけば、ゲオルギーネ派を切り崩す一助となるでしょう? それに、そうしておけば、ヴィルフリート兄様を次期領主にしたい養父様は、何が何でもヴィルフリート兄様を、フロレンツィア派である、と周知すると思うのです」 ゲオルギーネ派がいくらヴィルフリート兄様を引きこもうとしても、本人と領主が否定して、がっつりとフロレンツィア派であることを表明すれば、周囲にはどうしようもないし、噂も鎮静化していくと思う

あなたも好きかも:成増 パチンコ 評判
 今はヴィルフリートの教育が足りていないことが原因で、どのように転ぶのかわからないことが不安要素になっているから、親にしっかりと繋ぎとめてもらえば良い

あなたも好きかも:パチンコ 笑える 画像
「だが、それでは対象者を選ぶのが君にならないか? 君に任せるのは、どうにも不安で仕方がないのだが」「その不安はわたくしとて同じです」 貴族の繋がりには詳しくないし、誰が誰とどこでどんな繋がりがあるかなんて、ほとんど把握できていない

やっと親戚回りと前神殿長の仲良し貴族を書き連ねたブラックリストを憶えたくらいだ

その親戚やブラックリストの貴族も一枚岩ではないし、受けられる利益によっては簡単に意見が翻るのだから、信用できるかどうかなんて、わたしに任されても困るのだ

「ですから、対象者となるには、六人の許可を必要とすることにします

まず、エーレンフェストの最高権力者である領主夫妻、そして、公正で私情を挟まず、情報が豊富な神官長、戦力の要である騎士団長のお父様、フロレンツィア派の実質的な指導者であるお母様、最後に知識提供者のわたくし……全員の許可が必要なのです」 わたしが挙げたメンバーは基本的にわたしの保護者だ

全員が許可を出せる者ならば、わたしの敵に回る可能性は著しく低くなると思う

わたしなりの保身だ

 面白がるように神官長が唇の端を上げた