まどか☆マギカ叛逆の物語 スロット

まどか☆マギカ叛逆の物語 スロット

『しかし、ネア・ベノアガルドが我らがベノアガルドを敵視し、攻め滅ぼそうというのであれば話は別です

我々は全力で持ってこれに当たらなければならない

国民を敵の手から守り、国土の安全を確保する

失った信頼を少しでも取り戻していかなければなりません』 オウフェルトは強く言い切ったが、すぐに頭を振った

あなたも好きかも:杉村太蔵 パチンコ
『ですが、そのためには戦力が足りない』 そこで、彼の視線はセツナに注がれる

緋色の瞳は、セツナの血のように紅い瞳とは異なり、炎のようだった

あなたも好きかも:アサヒ パチンコ アイドル
『どうかセツナ殿、我々にお力を貸していただけないでしょうか』『……お話はよくわかりました

俺としても、皆さんに協力したい気持ちはあります』『では……』『……少し、時間を頂けますか

ゆっくり考えたいのです』『ええ

もちろん、すぐに返答を寄越せ、などと厚かましいことはいいませんよ

時間はありますからね』 オズフェルトの穏やかな微笑は、セツナの解答への期待を込めてのものだったのだろう

あなたも好きかも:マカオ カジノ 休憩
 あの場ではそういったものの、心の中では、セツナの考えは決まっているといってもよかった

 騎士団には、恩義がある

 テリウス・ザン=ケイルーンが魂だけの存在となってまで、レムを守り続けてくれていた事実は、セツナの中でとてつもなく大きいものとなっていた

レムは、セツナの従者だが、それだけの関係ではない

大切なひとだ