hellsing パチスロ

hellsing パチスロ

タズマエは下に続く階段を見つけて降り始めた

山口とエパータムも廃屋の廊下の奥でガタガタと音を立て木片や破片を除け始めた

あなたも好きかも:ジャグラー 裏基盤
何か見つけたらしい

あなたも好きかも:スロット 感電
「よし、ここの下を貫くぞ」「離れてるねー」エパータムが離れると山口は黒い闘気を再び纏って片づけられた床に向けて思いっきり拳を叩き込んだ

グシャアッと何かが気色悪くひしゃげた音がしていきなり床がはじけ飛んだ

「……」山口は黙って、床の下を照らす

パンチの衝撃波で抉った穴が下まで続いている

「何か飛び散ったねぇ……」エパータムが近づいてきて足元を気にしている

「飛び降りよう

剣に戻ってもらえるかな?」エパータムはすぐに白い煙と共に禍々しい鞘付きの剣へと変化して山口はそれを手に取って、すぐに背中の装具に収めたのがモニターの音から分かる

少し間を置いて、山口は闘気を纏ったまま穴の中へと飛び込んだ

すぐに下へと着地して、山口は土を払ってライトで底を照らす