ブラック ジャック 評価

ブラック ジャック 評価

一回、様子を見に行った方がいいかな……」 不安げな声につられて顔色にも雲が掛かる

そんな優樹に、反町は少し顔をしかめて首を振った

「いや、そうじゃなくてさ」「……ん? え? な、何?」 キョトンとしたあとに少し戸惑うと、「他は?」と真顔で訊かれ、優樹は、知らない間に歩くスピードを緩め、目を泳がせながら考えた

あなたも好きかも:スロットルコントローラー スープラ
「な、何? 他って、何かあった? ……閉じ込められたこと? ……? あっ

あの部室のことを先生にバラすって言ってたコトっ?」 大きく目を見開いて見上げられ、反町はじっとりと目を細めたあとにため息を吐き、小さく首を振って気を取り直し、直球を投げた

「付き合って欲しいとか、言われてたろ?」 優樹はキョトンとして瞬きをした

「え? ……、そんなこと言われた?」「……

言われたと思うけど?」「そうだった?」 首を傾げ、訝しげな表情で思い出そうとするが、思い出せなかったのだろう

あなたも好きかも:パチンコ イベント 情報
取り繕うような笑みで顔を上げた

「んー、冗談だよきっと

私みたいな人、好きになる人はいないよ」「……

あなたも好きかも:デビルサバイバー2 スロット 実機
いたらどうすんの?」 さりげなく訊いてみると、優樹は自虐的に情けなく笑った

「きっと変な趣味の人だよ、その人

私なんかより、生美ちゃんとか、綺麗でかわいい人たくさんいるんだし

私が男の子だったら、絶対、私なんか好きにならないなあー……