ゴレンジャー パチンコ 甘

ゴレンジャー パチンコ 甘

使いきりでは駄目だ」 神官長の言葉にライムントとハルトムートが揃って難しい顔になった

「……同じ言葉を何度も再生させるだけの使い方であれば、保存のための魔法陣が必要ですよ

どうしても大きくなります」「シュバルツやヴァイスのお守りの陣形を応用してみなさい」 設計図を見ていた神官長がぼそりとそう言った

その途端、二人がバッと神官長を振り返る

「つまり、保存の魔法陣を切り離し、このような形で一言につき、魔石を一つ使うようにすれば、かなり魔石の大きさも魔力も抑えられるということですね?」 二人が完全に理解した顔をしているのはわかるけれど、何故それだけのヒントで理解できるのかわからない

 ……わたし、文官コースの最優秀なんて取れるのかな? ものすごく不安になったけれど、神官長に「もう本を読んでも構わない」と目の前に本を置かれた瞬間に不安は忘れた

書見台に立てかけられた本の重たい表紙をローデリヒに捲ってもらい、読み始める

文字列に没頭すると、だんだん周囲の音が遠くなっていった

あなたも好きかも:パチンコ 負けた人
「ローゼマイン、終わりだ」 神官長の低い声と共にバタンと本が閉じられて、わたしは現実に戻った

あなたも好きかも:大阪 野崎 パチンコ
髪飾りの注文はとっくに終わって、ギルベルタ商会はいなくなっていたし、ディートリンデも帰ってしまったらしい

「早く戻らねば夕食に間に合わず、リヒャルダに叱られるぞ」 わたしは側仕えによって帰り支度をさせられ、馬車に追い立てられる

わたしが馬車に乗り込むのを見ながら、神官長が皆を見回した

「今日の対応はヴィルフリートもシャルロッテも、ローゼマインの側仕えも実に見事だった

其方等の成長を目の当たりにして少し安心している

このまま精進しなさい」 ヴィルフリートとシャルロッテが嬉しそうに笑って神官長に手を振る

馬車は城に向かってゆっくりと動き始めた

 わたし達がディートリンデと直接会ったお茶会はこれだけだった

もっと長く滞在している予定だったのだが、アーレンスバッハから火急の知らせが届き、ゲオルギーネとディートリンデが慌ただしく帰ることになったからだ