パチスロ ハーデス ハイエナ

パチスロ ハーデス ハイエナ

門の外でハルが俺の手を握りながら「良かった

おばさん、つまんなそうだったけど 大事にされてるみたい」「そうだな

クラーゴンも雇えると判断したんだろ?」「あの様子なら、次の面会で仕事を受けるわよ

 さ、次ね

タカユキさーまー」「分かったよ」来た時と同じように、クラーゴンを肩車してハルを両手で抱えて、黒塗りのユーフォーの停止位置まで木々の上を跳躍していく

あなたも好きかも:長命ヶ丘 パチンコ
黒塗りのユーフォーへと戻りそして次の目的地である、重犯罪者たちが収容されるという、バルナバス刑務所へと俺たちは飛び立った

三人でソファに並んで座ってテレビを眺めて、休憩する

「どれくらいかかるんだ?」夕飯までには帰りたい

「すぐ着くよ

あなたも好きかも:パチンコ 店 岡山
でしょ?クラーゴンさん」「そうね、今度は魔族国北端部の海上刑務所よ

 古代のセキュリティシステムを利用した 脱走不可能な刑務所なんだって

 どんなヤバいのが収容されてるのかドキドキしない?」「い、いや

目的の二人に会って、すぐ帰りたいかなぁ……」「私達が行ったら、ちょうど大脱走が始まってー

 荒れ狂う重犯罪者たちと、私たちの大乱闘ね……」うっとりしながら、恐ろしいことを望むクラーゴンに「いや、言葉にしないでくれ……