貧乏家族 パチンコ

貧乏家族 パチンコ

 タガネは最上段を踏み締め、正面を見据えた

 高い壁のように聳える大きな門である

 その脇に控える兵士たちに軽く一礼した

あなたも好きかも:五反野 パチンコ
 身許を検めに近寄った彼らに、かねて用意していた王家への参上目的を告げる

あなたも好きかも:サクラ大戦 スロット ドキドキタイム
物証の『首』が入った篭を差し出した

 蓋を開けて確認を終えて許可が下りる

あなたも好きかも:パイオニア パチンコ店
兵士が扉のそばにある小さな取っ手を引くと、絡繰(からくり)が動いて王城の門が独りでに開いた

 地響きじみた重低音を鳴り、タガネは耳障りだと扉を睨みながら潜る

 レインは始終感嘆していた

「はあ、嫌になるね」 石の敷居を跨げば、大理石の床を爪先が叩く

 豪奢な内装の輝きが二人を歓迎した

「ぴか……ぴか」「無駄なほどにな」 感動するレインとは対照的に、余計に醒めた反応のタガネだった

そのまま周囲を見回し、直ぐ近くにいた侍女に歩み寄る

 侍女の顔が険しくなった

少し頼みたいんだが」「何でしょう」 固い声の応対

 タガネは苦笑混じりに続けた

「この子をしばし預かってくれんか」 肩の上のレインを差し出す

 訝しげに侍女はタガネを見つめ、不承不承といった様子で受け取った