まどマギ 3 スロット

まどマギ 3 スロット

でも、ちょっと変な気分ですね」 間に記憶喪失が二度挟まった上での千年振りだ

 ただ、つい先ほど『過去視』を繰り返していたので、心から久しぶりという気はしない

 親戚の叔父さんに話しかける感覚で、僕はディプラクラさんと話していく

「それを入れて(・・・・・・)、少し気分が変わった程度か……

流石は、真の『星の理を盗むもの』じゃな」 僕は千年前と変わらない態度を心がけたつもりだった

 だが、ディプラクラさん側が「以前と変わらない関係」を保つことは出来ないようだった

あなたも好きかも:ソウルキャリバー スロット 天井期待値
 ――僕を見る目が千年前とは、まるで違った

 彼の口元が緩みかけている

 視線に、期待の熱がこもっている

あなたも好きかも:円環の理 スロット
 いまにも片膝を突こうとするのを抑えている

 その態度の違いから、いま現れた理由が読めてしまった

「カナミよ……

あなたも好きかも:ブラックジャック 武器 威力
話をしても、構わぬか?」 何もかもが終わったあとで切り出すということは、ずっと機会(タイミング)を見計らっていたのだろう