カジノ bgm ドラクエ

カジノ bgm ドラクエ

無言のまま歩き、別館が視界に入ると、サヤがさっと先に進み、扉を開いて俺を中に迎える

 パタン

と、扉を閉めてから……

あなたも好きかも:スロット 目押し台
「はあ! 緊張しましたね!」 やっと、いつも通りのサヤに戻った

「緊張したのはこっちだよ

……サヤ、使用人の挨拶がわからないなんて、嘘だろ

すごく上手に、やってたじゃないか」「レイシール様が喋るなって言ってくれなかったら喋ってましたよ

あなたも好きかも:お刺身 パチンコ
 あそこであんな風に沈黙するなんて思いません」 あれは異母様の意地悪だったのだが……あれが通常の礼儀作法の一部だと考えているなら、確かに知らなかったんだろうな……

 サヤの言葉に苦笑するしかない

「外には誰もいません

あなたも好きかも:123 の 日 スロット
良かった

こっそりついてきて見張られたりしたらどうしようと、ドキドキしたんです