スロット 依存 症 主婦

スロット 依存 症 主婦

あなたも好きかも:スロット エヴァンゲリオン 天井
会話に名前が出てきたのに全く理解出来ないんだけど!というか私いらなくない?絶対ここにいる必要ないよね!?アリスとリルトンっていう姉妹の感動の再開場面に異物入ってるよね!?「……貴女、改めてありがとうございますね」もう訳がわからないのよ……会話に巻き込むならせめてわかるようにして!「……花奈、やっぱり私には花奈しかいない……」待って待って、どういうこと?状況が掴めてない!とりあえず感謝されてるし愛されてることしかわからない! ……十分では?「まあいいや、それでリルトンはこれからどうするの?」放置すると私にわからない話題になるんだから、最初から私が話題を主導すればいいじゃん!というわけで潤滑油オブ会話……無機物に成り下がっていく

「……?私達の所に住む、じゃないの……?」割と困惑した様子で……まるで当然のことを確認するように呟く、というか疑問を呈するアリス

その言葉にリルトンの目のハイライトが輝き……ほらね、とでも言いたげな私の視線を鬱陶しそうにする

だってそうじゃん

アリス、それもしかしなくても本気だね?やっぱりリルトンのこと好きだよね……でも

「ありがたいし、本当に嬉しいけれど……私も姉離れしなきゃいけないですから」……まあ、そういうことよね

あなたも好きかも:パチンコ へそ 見方
私がリルトンの立場だったら……いやぁ、それを選べるほど強くないかもしれないわ

あなたも好きかも:次郎吉 パチスロ
「……でも、まだ危ない……」必死に、というより『また離れてしまう』ことが不安で引き留めてる感じよね

……子離れて出来ない親を見てるような気がしなくもないけど

「大丈夫ですよ、そこの花奈だって『何もない』状態から前の私(『最下層』)まで来れたんですからね」個人的な意見を言わせて貰うなら、その安定しない口調をどうにかしてほしいんだけど……まあ私も最初は色々不安定だったからおあいこじゃない?「私は花奈に比べて神域も呪域も持っていますから……あっという間に今の花奈(『最上層』)まで辿り着いてあげますよ」……ふーん、なるほどね

「今度は二人で(私達で)じゃなくて、一人で、ってこと?」「そうね……」……む、というかだよ

「なんか私の時だけ敬語が外れてたりしない?もしかしてそれ意図的なの?」「き、気のせいだよ……花奈って色々運がないから」はいダウト!「むー……まあいいや、これ以上ぐだぐだしてると横のアリスに刺し殺されそうだし」「お姉ちゃんと花奈、そんな殺伐とした恋愛してるんですか……?」確かに言われてみれば殺伐としてるし、世間一般からは大分離れてるよね

まあ良くない?だってアリスなんだし……「ふふ、お姉ちゃん

一つだけ宣言しておきますね?」やっぱりアリスに対してだけ敬語じゃん、と思いながらも喉元でそれを押さえ付けてリルトンの言葉の続きを待つ

「今の花奈は、お姉ちゃんの物かもしれませんが……また間違えたら私(『反対』)が取って行きますよ?だって、私達見方によっては相性が完璧(・・・・・)なんですからね」「……!?」……すごいわ、うん