ブラックジャック 裏夢

ブラックジャック 裏夢

 さすがにこの状況を引き起こしたのが、自分のせいだとは思いたくなかったのである

「ちょっと話が横道に逸れてしまったけれど、とにかく、この時代にきたのがシュレインのためだとすれば、さっきの考えはずれているということになるね」 シュレインが考助に話した歴史は、繰り返しになるがあくまでもプロスト一族の側から見た恩恵である

 となれば、シュレインにとってのなにかメリットのようなものが無ければ、元の時代には戻れないということになる

「言いたいことはわかるのじゃが・・・・・・こんな時代に吾のためになることなど、あるかの?」 そういって首を傾げるシュレインに、考助はなんとも曖昧な表情を浮かべた

「あー、うん

あなたも好きかも:スロット ゾーン まとめ
やっぱり気付いていない・・・・・・というか、自覚していなかったんだ」「なんじゃと? ということは、コウスケはもうなにか思いついているということかの?」「うん

あなたも好きかも:gta5 オフライン カジノ 場所
まあ、なんとなくは」 これまでの里でのシュレインの言動を見ていれば、錫杖がなにを見せたかったのかは推測できる

 問題なのは、いまのシュレインの態度を見てもわかる通り、彼女自身がそれに気づいていないことだ

 考助の返答に、シュレインは驚きと悔しさが混ざったような顔になった

 話の流れと考助の言葉から、それがなんであるかは自分で思いつかないと駄目だということがわかったのだ

「といわれてもの

本当に、なにも思い浮かばないのじゃが・・・・・・」 しばらく考えた漏らしたその言葉は、シュレインの完全な本音だった

あなたも好きかも:スロット 台 一覧
 いままでもさんざん色々と考えて来たのだから、改めて今更自分のためになることと言われても思いつくはずがない

 どうして考助が思い付けたのか、逆に不思議だった

「うん、まあ

シュレインにとってはそれ(・・)が当たり前すぎて、気付きにくいのかもね」 自分が手助けをして直接言っていいのかわからずに、考助はあえて言葉を濁してそう答えた