スロット フリーズ 引きやすい台

スロット フリーズ 引きやすい台

あなたも好きかも:パチスロ 蒼穹のファフナー 攻略
 エルフの里で大分時間を取られたのと、特にこの村自体に用事があるわけではないので、すぐに馬車に乗り込み次の目的地に出発しようとしたところ、馬に乗った者に通行を止められてしまった

 突然止まった馬車に驚いて、考助が馬車の車体から正面を見ると、そこには以前見たことがある隊長がホッとした表情で馬に乗っていた

あなたも好きかも:パチンコ 景品 人気 ランキング
「よかった

間に合いましたね」 そう言った隊長に、考助は顔をしかめて抗議をした

「良くないですよ

いくらなんでも馬車の進路を妨害して止めるとは、どういうことですか?」「申し訳ない

其方らの馬車を止めるには、どうしてもこうするしかなかったのだ」 隊長も無茶をしたことは自覚しているのだろう

あなたも好きかも:山形 村山 パチンコ
 すぐに頭を下げて謝罪して来た

 ここは怒るべきだろうか、と考えた考助だったが、その場合はさらに面倒事になりそうだったので、さっさと隊長の用事を済ませることにした

「もういいです

それで? どのようなご用件でしょうか?」 御者台にいて馬車を動かしていたミツキが不満げな表情になっていたが、考助はそれを視線で抑えながらそう切り出した

 考助にそう聞かれた隊長は、一つ頷いてから話し出した

「例の件についての話なのだが、ここでするような話ではないので、付いてきてもらえないだろうか?」 そう言って来た隊長に、考助はこう即答した

「お断りします」「そうか

では・・・・・・何?!」 思ってた答えが返ってこなくて、隊長が目を見開いて問い返して来た

「お断りします、といいました

それでなくともあの件で旅の日程が長引いているのに、これ以上出発が遅れるのは困ります」 実際は急ぐ旅ではないのだが、日程を理由にして急いでいることにした

 そんな考助に対して、隊長は困ったような表情になった

 最初の自分の対応がまずかったことは理解しているので、これ以上強くも出れなくて実際に困っているのだろう