今熱い スロット

今熱い スロット

(私はグランドールに未だに父を重ね、憧れているんでしょうかね)親友を待っている間、そんな事を考えていようかとアルセンが思っていると、部屋に誰かが訪れた事を報せるベルが鳴る

(誰でしょう?)グランドールならベルを鳴らす必要はない

(リリィさんやアルスが、御見舞いに?)先程ネェツアークを通して、連絡があったばかりでもある

アルスの可能性も浮かんだが、これから任務が始まるという間際にくるとは考えづらい

何より、自分がそう教え込んだ

(いったい、本当に誰でしょう)アルセンはクローゼットにかけてあった軍服の上着をサッと羽織る

そして親友逹から預かった貴重品を、大切に胸元へと納めた

(手袋は、もういいですね)指輪を着けたままだが、その姿を見られても、別にロブロウでどうこう困る事はない

あなたも好きかも:パチンコ は
アルセン以外の王都から来た面々は、もう儀式に向かっている筈―――

そんな事を考えて、来賓の扉をアルセンが開く

あなたも好きかも:堀田 パチンコ アルバイト
するとそこに深く頭を下げる、"老人"がいた

あなたも好きかも:横浜 パチンコ 火災
「パドリック様、体調を崩していたため、挨拶が大変遅れました

ビネガー家の執事を務めさせて頂いております、ロックと申します」そう言って、恭しく老執事は頭を上げた

「貴方がロックさん?」アトが散歩の間に何かと名前を出していた、"優しい、親切、大好きロックさん"の言葉の記憶と共に、アルセンの記憶の琴線に、老人の姿が触れる

(私は、"ロック"さんをどこかで拝見した事がある?)微笑みを浮かべる、その"笑顔"と似た顔を、つい最近どこがで

「アルセン、久しぶり」考え込んでいるアルセンの記憶に覆い被さるように、また懐かしい声が耳に入ってくる

そしてその声は、最優先されてアルセンに驚きを与えた

「エリファス」いつの間にか、老執事の後ろにエリファスが白と黒の2色のドレスを纏って立っていた