大鳥居 スロット

大鳥居 スロット

 弱過ぎる

これがあのレリエル・クロフォードの眷族だというのか? 先遣隊などではないだろう

おそらく、差し向けられたこの吸血鬼たちは下っ端だ

主力の吸血鬼たちは、もっと手強いに違いない

 空になったシャープス・ライフルに弾丸を装填した僕は、西部開拓の時代にアメリカで活躍したライフルを肩に担ぐと、ポケットの中から懐中時計を取り出して時刻を確認した

 そろそろタクヤ君たちがエイナ・ドルレアンに到着する頃だろう

あなたも好きかも:パチンコ abc 石和
もう家にはついているんだろうか? 僕もそろそろ帰ろう

吸血鬼たちが本格的に動き出して戦争になる前に、彼らに力を貸してあげなければならない

 ライフルを背中に背負った僕は、踵を返し、血の臭いがする森の中を後にした

人形やぬいぐるみに囲まれながらベッドで横になる少女の微笑は、以前に出会った時と変わらない

あなたも好きかも:聖蹟桜ヶ丘 パチンコ屋
元気そうに見えるけど弱々しく、ベッドで横になっているせいなのか痛々しく見えてしまう

俺たちに心配をかけないように笑ってくれているのだろうか? 肌はミラさんと同様に白いけど、ベッドの毛布から覗く彼女の手はやや痩せ気味だ

ちらりと見えた彼女の手を見て目を細めた俺は、ベッドの傍らへと向かってしゃがみ込むと、桜色の毛布をかぶりながら出迎えてくれた従妹に微笑みかけ、彼女の頭の上に静かに手を置いた

 ノエルの頭の上に手を置いてみると、いつも俺の手が予想以上に小さいことに気付く

前世の自分の身体よりも身長が低くすらりとした今の身体は、母さんに似ているせいで女だと勘違いされても確かに仕方がない

「やあ、ノエル