ガンスト スロット

ガンスト スロット

声は穏やかだが語るべき内容は決して揺るがず、教えてくれるのは真実の多様さだ

「私という存在に不利益をもたらす側面があるように、それはそもそも、この場所そのものでもあるということですね………」「あなたはリーエンベルクの歌乞いとして、そして高位の魔物と契約をした力のある歌乞いとして、市井で暮らしていれば決して触れることのないような危険に手を伸ばし、それを収める義務がある

そして同時に我々にも、あなたを利用する代わりにあなたを御すという責任がある

今回のことは、あなたがリーエンベルクの歌乞いでなければ、或いはヴェルクレアの歌乞いでなければ、その最初のあの餅兎とすら巡り会わないものでした

極論を申し上げれば、私という妖精が、そして家事妖精達がリーエンベルクに住まいを持たなければ、全ての妖精を排除する魔術を敷くことも出来るのです」木々の間を駆け抜けてゆく鹿を眺め、ネアはかすかに霧を這わせた森を歩く

あなたも好きかも:グリーン・ダイヤモンド
ぽわぽわの毛玉妖精が枝葉の影からこちらを覗いており、そんな毛玉を狙っている栗鼠姿の精霊がいる

あなたも好きかも:カジノ デポジットとは
森は豊かで混沌としていて、くるくる回る輪のように良いものも悪しきものもその全てが循環し、この美しさを構成していた

「私は、その利益と不利益の天秤の角度が心配だったのです

あなたも好きかも:真・女神転生2 カジノ
ヒルドさん、私の天秤は、不利益に大きく傾き過ぎていませんか?」「おや、どうしてそのようなご心配をされるものか

あなたの天秤は、最初の幾つかの行いで、ほぼ永続的に利益の方に傾いていますよ

そして我々は多分、そこに更に、自身の好意や関わる者達の好意の分の分銅を乗せ続けます」「…………ヒルドさん」「そしてあなたのその天秤も、同じように利益に傾いているといいのですが

私もエーダリア様も、制約の多い身の上です

それでもあなたが、これまでと同じようにリーエンベルクに留まりたいと言い続けていただければと、私は願ってしまうのですが………」「むぐ!ヒルドさんが泣かせてきます!!勿論私は、ここで皆さんとずっと一緒にいたいのです………」目がしわしわして涙が出そうになったネアに、ヒルドは良かったと呟いて頭を撫でてくれた

「すみません

私が変に自責の念に駆られたせいで、あなたを悩ませてしまいましたね」「ラエタからの立て続けだったので、少し心苦しくなってしまいました………」「けれども、我々は知り得る筈もなかったラエタの滅亡の真実を知り、あの一件以降、オズヴァルト様はどこか吹っ切れたように穏やかな目をするようになったとか

白薔薇の魔物に、ネア様とこのウィームに害を為してはならないと知らしめ、雲の魔物にはネア様の手助けをするべきだという認識が生まれました

加えてエーダリア様とガレンは、ラエタから持ち帰られた本に夢中ですよ

そう考えますと、ネア様ご自身は苦労されておりますが、我々には得るべきものばかりでしたね」「むむむ

そう言っていただけると、エーダリア様にお土産を渡すのにも気合が入ります!」「しかし、一つだけお伝えしておきたいことが」「………はい」神妙な顔をしたネアに、ヒルドは悪戯っぽく微笑みを深めた