ハロウィーン・ホラーズ

ハロウィーン・ホラーズ

 そして役者? はさておき、その炎の形は様々な幻獣・魔物を型どっているようだった

 炎が闇夜の"タウィーザ・バラド"を照らし、ポツポツと輝くように燃える様はまるで宝石のようで──紅いルビーやレッドダイヤモンドを彷彿とさせる

あなたも好きかも:茨木市 スロット イベント
「わー……綺麗……」 それを見ているレイは目を輝かせ、ライのように感嘆のため息を溢す

 レイのみならず、エマ、フォンセ、リヤン、キュリテ

そしてアスワドもそれに目を奪われていた

 形を変えながら燃え続けるだけならばそれ程でも無いが、その形の生物のように動いており、その色も変わるのだから驚かずにはいられない

「ふふ……余興はこれくらいだ……!」 そして、その炎を創り出していた女性は杖を大きく振り、魔力を溜め直しつつ次の行動に移る

「炎の舞踊(ショーラ・ラプス)!」 その刹那、静かに燃え続けていた炎が激しく燃え上がり、蛇のように長く伸びるように水から飛び出して会場を飛び交った

あなたも好きかも:スロット バイオハザード7 やめどき
無論の事色も変化し、色とりどりの線が空中に軌跡を描いた

「なら、俺も行くか……水の舞踊(マイヤ・ラプス)」 その炎に続き、男性の放出した水も炎を追い掛けるように飛び交っている

あなたも好きかも:スロット 4号機が打てる店
空中で炎と水がぶつかり合い、混ざりあって水を蒸発させていた

 そしてぶつかる際にあらゆる色の煙が生じ、それによって水蒸気が作り出されて会場を真っ白に包み込んだ

「「最後よ(だ)!!」」 そして女性と男性が互いに声を出し、杖を飛び交う炎と水に向けて呪文? を発する

「「大《キビーラ》花火《アルアーブナーリャ》!!」」 ──刹那、炎と水に色が付き、水蒸気爆発が起こって大きな花火を創り出した