ゴット・ハンド

ゴット・ハンド

「この野郎」「え、どうかしました」「お前、叫ぶタイプか」「あら、済みません

つい」 わざとらしく口元を押さえるサトミ

 塩田さんは射殺すような視線を彼女へ向け、集まってきたガーディアン達を手で追い払った

「俺は関係ない

たまたま、ここを通りがかっただけだ」「しかし、隊長が運ばれてしまいまして」「副隊長なり、その下の奴なり

マニュアル通りの継承順位で指揮を執れよ」「それが、全員隊長と一緒に」「だったら、一番偉い奴がやれって

あなたも好きかも:スロット ビンゴネオ
もう、マニュアルにこだわるな」 どっちなんだ

言いたい事は分かるけどさ

あなたも好きかも:長崎 パチンコ 優良 店
「とにかく、散れ

あなたも好きかも:パチンコ やらせ
俺に関わるな」「そこを何とか」「お願いします」 懇願するガーディアン達

  それを遠巻きに見守る、連合のガーディアン達

 言われた事は無難にこなすが、自主的な判断にまではつながらないらしい

 好き勝手にやり過ぎるのも、どうかとは思うけどね

「うるさいな

もう、そこをどけ」「は、はい」 割れるガーディアンの列

 再び見えてくる、銃を構えた男達