グラブル カジノ バニーガール

グラブル カジノ バニーガール

んじゃ……コレは壊せる?」 右腕を一振りすれば、そこには卒塔婆を模した赤色の剣が具現する

あなたも好きかも:タイキ パチンコ
ぴたり、と停止した瞬間に周囲の空気を伝播して衝撃が走るけれど、ギィールは無意識にそれを受け流し、剣を見る

「復元機構はないのですか?」「ああ、そういえば術式は使えないんだっけか、ギィールさん」「ええ

一応、軽い判断はできますよ

まあそれも、壊せるか壊せないか、そんな直感的なものですが」「あのグローブ?」「……サギシロさんが自分にくれた、魔術回路込みの魔術武装です

自分は回路を持ちませんが、魔力はありますからね

対消失系の術式が組み込まれていると、そう考えていただければ」「やっぱそっか

さすがの俺も、あのグローブを解析できるだけの目はないし

あなたも好きかも:スケジュール スロットとは
復元は入れてないよ――雑になるって、師匠の教えなんだ」「なるほど

どうします?」「あー、壊して欲しいんだけど、攻撃はしないでいいか? 分析先行させてデータ取りたいから」「わかりました

あなたも好きかも:盛岡 パチンコ イベント 今日
――ああ皆さん、すみません、衝撃が拡散するのでご注意を」 チィマは剣を持ったまま、真横に腕を伸ばした

ギィールはそれに対して軽く近づき、間合いを確認する

「――」 呼吸を止め、左肩を引き込むようにして躰を捻じったかと思えば、奥歯を噛みしめながら右の拳を突き出した

 触れた

 接触した地点からチィマは一切目を離さない

 すぐに拳が引かれる

「〝包(つつみ)〟か――」 ぽつりと呟かれた言葉を合図にするよう、赤の剣は〝破壊〟され、形を作っていた〝力〟が流出するようにして周囲へ拡散する

死者がでるほどではないが、怪我くらいはするだろうと、ギィールはくるりと後ろを向き、軽く頭を下げておいた

「――すげーな