ぱちんこ 瀬戸

ぱちんこ 瀬戸

暗闇の中で駆け寄ってきた娘を抱き上げる

「あれ、もしかして行方不明みたいになってた?」「うん

みんな探してたよ? お父しゃんの気配が完全に消えてたから 分からなかったみたい」「そ、そうか……」寝てるときに気配が消えるとか嫌な特技をいつの間にか身に着けてしまったようだ

「起きたから、私が見つけられたんだよ」「それはありがとうな

みんなは?」「食堂で晩御飯食べようとして お父しゃんが居ないことに気付いて 大騒動になってる」「そうか……それは早く行かないとな」ナーニャを抱き上げたまま、俺は会議室から出ていく

あなたも好きかも:akb スロット 朝一リセット
そのまま一階まで下りて食堂にナーニャと入ると席についてガヤガヤしていた皆や歩き回っていた使用人たちが一斉にホッとした顔をする

シュテファンがメイドや男の使用人たちに次々に指示を出して、彼らは食堂の外へと走って行く

見回すと、食堂の端に別のテーブルで、幽鬼たちの席もきちんと造られている

あなたも好きかも:まどマギ スロット2 セリフ
そうか、一応はバルテン家の人たちも客として認めたのかよかったなと思いながらナーニャに伴われて、奥の席に座る

あなたも好きかも:ブラックジャック trpg
ナーニャの隣の席のハルに「ごめん、心配かけたな」ハルはホッとした顔で頷いた

食堂、最奥の別テーブルには正装したエリーアスとドレス姿のカルラが並んで座っていてカルラは俺に気付くと、ブイサインをしてきた

セイは、末席で、幽鬼たちの席の近くだがまったく不快な顔をしていない

俺の隣にはナーニャ、その隣にハルであとは学友たち三人が並んでいる

目の前には次々に料理が運ばれてくる

俺はモルシュタイン家で覚えたナプキンマナーを思い出し慌てて膝の上に置いた

「ディルクたちは?」「お城には、来てないよー?」「そっか