ゴッドイーター パチスロ 声優

ゴッドイーター パチスロ 声優

「……いろんなお話ししてね、その時は……すごく楽しいの

……将来の、いろんなコトを話すのって、楽しいの

……でも、夢を見るのは、みんな、おもしろいんだよね

……現実が、それに付いていけるかは……わからないン、だよね……」 微笑み話しながらも、段々と視界がぼやけてきて、優樹はグスッと軽く鼻を啜った

あなたも好きかも:jalcoホールディングス カジノ
「今は、ね、……流君が、好きでね、……これからも、ずっと、好きだと思うのね

……でも……、いつ、フラれるかもわからないし……どうなるかも、わからない

あなたも好きかも:ドラクエ10 カジノ 大当たり
……けど、相川君は、本当にいい人だから、……私よりもね、もっといい子が……いると、思う……」 声が震えだし、優樹は深く俯いた

「……ごめん、ね

……でも……相川君のこと、嫌いとかじゃ、ないんだよ

……ただ、……やっぱり、私……その……」 そのまま言葉を切らす優樹の声を相川はじっと聞いて地面を見つめていたが、「……はは」と、取り繕うように笑って、挙動不審にキョロキョロと辺りを見回した

「フラれるのは覚悟してたけどっ

あなたも好きかも:パチスロ ルパン 三世 ロイヤル ロード 天井
……って言うか、クソ部長に取られてからフラれたようなもんだけどっ」「……」「んーっと……じゃあっ……うん

……クソ部長がいない間は、オレ、先輩と一緒に遊んであげるからね」 気恥ずかしそうな笑顔で告げる相川の気配に、優樹はそっと顔を上げた

「ありがとう」と、気持ちを伝えようとしたその途端、目頭が熱くなり、ぶわっと涙が浮かんですぐに零れる

相川は「……え!?」と驚いて背筋を伸ばし、顔を背けて手の甲でゴシゴシと頬を拭う優樹を焦って覗き込んだ