スロット エラー e1

スロット エラー e1

自分の恋愛事に関しては"にぶちん"でも他に対する人間考察については、鋭いねえ》そして自分の弟子が"恋に落ちた現場"にいたジュリアンは、あっさりアルスの考えを肯定する

「―――マジかよ」泥の大蛇を狙いつつも、思わず少年の姿のロックにも視線を向けていた

「師匠の好みって、ロックさんみたいな人だったのか」女性にしては背が高いエリファスなので、シュトは自分勝手な思考だとは思うのだが、やはり師匠の恋人になるのは、偽っていたグランドールみたいな大柄な人物だと考えていた

自分が思っている程、エリファスの事を知っているようで、知らないのだという事に少しばかり落ち込む

あなたも好きかも:ざくろ スロット 打ち方
(そういや、アルセン様とも親友だってことは、話しても貰ってなかった)《何をそんなに、軽くショック受けるくらいまで驚いてるんだ

あなたも好きかも:二項分布 パチンコ
俺には理由がわからないけれど、禁術がほどけ始めの時、シュトもエリファスが、心労の為に臥せった様に見えたロック君の介抱をしている時に、長年連れ添った夫婦みたいには、見えたんだろう?

アプリコットにも、それについて尋ねていたのを、俺も丁度意識が戻り始めで朦朧としていたけれど、確かに聞いたぞ》―――その、一昨日までは普通に話していた2人が急に――夫婦みたいになるってありえる事なんすかね?

あなたも好きかも:マンクラ スロット
―――と言ってもロックさんは殆ど臥ふせってからは、エリファス師匠がロックさんに世話をかけながら語りかける程度の会話なんすけど

確かにシュトは早朝に、浚渫の儀式を為にロブロウの農家を纏めるムスカリ・フクライザに叩き起こされてから、アプリコットの部屋に訪れた際に、訊いていた

「いや、そうなんだけれど」自分が思っていたよりも、身近な人の事―――大切に思っている相手の事を知らなかった事は、軽く落ち込める程のショックをシュトに与える

「シュト、話の途中かもしれないけれど、大丈夫?」落胆という訳ではないが、大きな落ち込みを声を出しているシュトに、アルスは声をかける

ジュリアンの声が聞こえないアルスではあるが、"師匠の好みって、ロックさんみたいな人だったのか"という彼の発言から、自分の考えが外れていなかったが判る