スロット 磁石

スロット 磁石

稽古を続けてくださいでゲス」ライーザが頷いたので、俺は艦橋の階段を上がりメルダの身体で夢中で操船しているバウスマーの近くに座り込む

「大丈夫なんだろうな?」「任せたまえ

ちょうど安全地帯に寄せているところだ」バウスマーがそう言うと、船は動きを停めた

あなたも好きかも:北斗の拳 スロット 拳王乱舞 歌
同時にバウスマーは真紅のバリアと自分の闘気を全て解いて、そのまま艦橋から去ろうとする

船全体は再び、淡く虹色に輝き始めた

「おい、どこに行くんだ」引き留めると、振り返ったバウスマーは「添い寝でもして欲しいのかね? 我々の仕事は終わっただろう? メルダ君の船室に帰るだけだ

 その後は、君の精神世界に戻るが?」「……ならいい」バウスマーはメルダの顔で嘲笑すると艦橋の階段を甲板へと下りて行った

ようやく危機は去ったようだ

あなたも好きかも:7/7 誕生日 スロット
何事も無かったかのように闘気を纏い、コントロールしながら稽古の続きをしているライーザに見張りを頼んで静かに船内へと戻っていく

通路を歩き、船長室へと戻りソファに横になる

あれほど、殺戮……いや、破壊したのに何の疲れもない

相手の姿すら確認する必要は無かった

あなたも好きかも:スロット ささみさん 周期
バウスマーは二千四百万匹とか言っていたな……

本当にそんなに……いや、肉片の雨は異常な量だった

……考えないようにしよう……

俺が思っているより、俺の力は強いなぁ……