スロット ゴルゴ 13

スロット ゴルゴ 13

 瞬間、爆風でも吹いたかのように矢が放たれた

矢は、一瞬にしてレムたちの視界から消え、レムの感知範囲外へと飛んでいってしまった

あなたも好きかも:パチンコ 2018 おすすめ
夜の彼方、夜空の彼方へと、飛翔していったのだ

どこまで飛んでいったのかもわからない

それほどの速度と飛距離は、通常の弓では考えられないものだった

たとえドーリンの腕前を持ってしても、あの速度、あの飛距離を出すことは不可能だ

弓聖サラン=キルクレイドと剛弓でも不可能なのではないか

あなたも好きかも:mgm パチンコ 松阪
そう思わせるほどのものだった

 しばしの沈黙が、レムたちを包み込んだのもそのせいだ

あなたも好きかも:カジノ カウンティング 禁止
「てめえ、いまなにした?」 エスクが沈黙を破り、ドーリンの頭を小突いた

「なにもしてませんが」「いや、だって、おまえ」「召喚武装なのでございましょう」 レムは、ドーリンのが掲げたままの弓を見つめながらいった

通常の弓ではないことは確かだ