うる星やつら2 スロット 設置店

うる星やつら2 スロット 設置店

「……殴られたんだろ」 口の端が切れて赤くなっている

そこを真顔で見つめる洋一に、生美は苦笑した

「あんたの怪我と比べたら大したことないわよ」「……、ホントにそうか?」「見てわからないの?」「そうじゃなくて」 洋一は首を振ると、乱れているシャツを顎でしゃくった

あなたも好きかも:art スロット 打ち方
「……ンなことされてよ」 不愉快ながらも、助けに入れなかったことが後悔の種なのだろう

洋一はふて腐れつつ視線を落とす

そんな彼に生美は少し笑った

「シャツを破られるくらい、なんでもないわよ

あなたも好きかも:パチンコ 特定日 愛知
私が大事にしたいのは、こんなものじゃないから」「……オレがムカつくってーの」 そう目を据わらせ、“団体”を睨む

「……どこのどいつだったか、あとで見つけてボコってやる」「やめてよもう」 生美は呆れため息を吐くと、視線を逸らさせようと顔に手を当てて強引に自分の方に向き直させる

それでも洋一はまだ納得いかず、今度はアイコと話しをしているオオクボを睨むようにチラリと窺った

あなたも好きかも:スーパー98 バカラ
「……あいつになんもされなかっただろうな?」 生美は、オオクボをじっと睨んでいる洋一を見て少し笑った

「そうねぇ……

いろんなことをされたかもね」 肩をすくめると、「はあっ?」と、洋一は不愉快げに眉を寄せる

「いろんなことってなんだよ」「でも、私もあいつにはいろんな事しちゃったし

おあいこね」「……、何されたんだよ」 ムッと眉をつり上げる洋一に生美は苦笑して、包帯を巻き終えた勝則を覗き込んだ

「ねえ勝則、焼き餅焼きの男って、どう思う?」 勝則は「え?」と顔を上げてキョトンとし、少し吹き出し笑った