ナイツ2 スロット

ナイツ2 スロット

「また置いてかれたー!!」「ヴィローサ

あなたも好きかも:黒ウィズ ルーレット
仕方のないことですよ

公也様がヴィローサのことを考えているからこそです」「わかるけどー! わかるけどさー! ふん! どうせアリルフィーラはいつも連れて行ってもらえないから今回もつれて行ってもらえないくらいなんでもないんでしょー!」「…………ヴィローサ?」「……な、何よ?」「私だって怒るときは怒りますよ?」「…………ふーんだ! アリルフィーラなんてキイ様と一緒にいるときに用事のは言った誰かが乱入して二人っきりの時間が減っちゃえばいいんだー!」 どんな喧嘩の仕方か、口撃の仕方か

あなたも好きかも:盛岡 パチスロ
ヴィローサはいろいろ独特で毒を持ち、他者に対して攻撃的

あなたも好きかも:ラスベガス カジノ クレジット カード
特に同じ公也を想う者の中でも公也に特別想われているアリルフィーラに対しては極めて高い攻撃性を持つ

まあ仲が悪いわけではないのだが、いろいろな部分で攻め口を見つけて口撃することが多い

しかし今回みたいにアリルフィーラをあまり口撃しすぎるとアリルフィーラもヴィローサ相手に少々怒ることもある

その威圧、雰囲気の変化はどことなくメルキセドを思い起こす

やはり血か

もっともそんなアリルフィーラにヴィローサも怯みはするもののそれだけだ

絶対に謝って許しを請うようなことはしない

しかしまともに口撃するのも、ということで微妙にあったら嫌な感じの出来事を捨て台詞に逃げる

「まったく……それはそれで嫌ですけど」 アリルフィーラもヴィローサも基本的にはアンデルク城に置いていかれている

ヴィローサは時々連れて行ってくれるが、今回みたいに危険な出来事が確実にあるだろう舞台にはほぼ出番がない

仮にヴィローサが出るとすればある程度様子見して内情を把握した海の向こうの大陸を探索したり、あるいはこちらの大陸で余所に出向く際、連れていけるならといった感じだろう

 一方でアリルフィーラは今回を含め余所……とくに探索系、探訪系のものには連れていかれない

まあ、アリルフィーラは戦闘能力がない上にアンデールの正妃、王妃様である

危険なところに連れて行くなど普通はない