2ch カジノ

2ch カジノ

Bloggerの推奨事項:

だから書いていて、推敲していてとても神経をすり減らします

 たまにはそんな疲れた頭をまったく異なるジャンルに使ってみてはいかがでしょうか

 意外な可能性に気づけるかもしれませんよ

奇抜な構想を思いつくには 小説を構想していて「こんな作品じゃウケないな」「こんな作品じゃ受賞できないな」と思ったことはありませんか

 私も当初はそう思っていたのですが、そもそも構想段階で良否を判断してよいものでしょうか

あなたも好きかも:島唄 スロット 6号機
 信頼できる誰かに、作品が面白くなりそうか、書いてもウケないかの判断をしてもらってもよいかもしれない

 というより、誰かからお墨付きをもらえれば、書く意欲が湧いてくるんだけどな

 そう思うのも当然です

構想段階で面白くなりそうかはわからない 正直な話、構想段階で面白くなりそうかなんて、誰にもわかりません

 なぜなら、まったく同じ構想で書き始めても、書き手によってまったく異なる物語に仕上がるものだから

 ポジティブな主人公が冒険の旅に出て、仲間を集めて、諸悪の根源を倒しに行く話

 こんな構想をお持ちの方は多いと思います

あなたも好きかも:立川 パチンコ アルバイト
 これって大半の「剣と魔法のファンタジー」で用いられているのです

あなたも好きかも:兵庫 三田 パチンコ
 ほとんどの「剣と魔法のファンタジー」はこの構想からスタートしています

 それでも書き手によってまったく異なる作品が出来あがるのですから、構想だけで面白くなるかつまらなくなるかなんて決めようがありません