コスタール カジノ ps

コスタール カジノ ps

 ケイは被っていたキャップを後ろ向きにして、その鉄材の上にしゃがみ込んだ

あなたも好きかも:壬生 パチンコ店
「色々あったようだけど、俺は興味ない

取引を優先しよう」「金は」「ここにある」 足元にあった小さいアタッシュケースを開け、中を見せるケイ

 照明は高い天井にある蛍光灯の頼りない光だが、そこに札束が詰め込まれているのは誰の目にも明らかだ

 ケイはその束をいくつか取り、近付いてきた男に手渡した

あなたも好きかも:リゼロ スロット 設定判別
 男は札束の端を指で滑らせ、めくられていく札の真贋を確かめ始める

「今度は、そっちのを確かめさせてもらう」 札端と交換で渡される錠剤のシート

あなたも好きかも:リゼロ スロット ハロウィン
 ケイはそれを開け、液体の入っている小瓶の中へと放り込んだ

「……純度80%か

もう少し質の良い物をって頼んだはずなんだけど」「いきなりそこまで集められん

期限が早すぎるんだ」「じゃあ、取引は中止って事で」「待て……

あれを持ってこい」 ジャージを着た男が粉の詰められた袋を差し出し、ケイは覚めた顔でそれを受け取る

「開けたいんだけど、ナイフは」「これを使え」「どうも」 果物ナイフを左手で受け取り袋へと突き立て、少し笑うケイ

 それに怪訝そうな顔を向ける男

「何がおかしい」「いや

ヤクザが果物ナイフっていうギャップに、ちょっとね

さて、調べるか」 ケイはナイフに付いた粉をさっきと同じような小瓶に入れ、チェックシートらしき物をそれへ近付けた

「純度94%