ペルソナ5 カジノ 景品

ペルソナ5 カジノ 景品

「履歴書」を細かく書いたからといって、そのすべてを書くべきではありません

「出来事(イベント)の渦中」で説明できなくても、これだけは「説明」しておかなければ以後の物語の展開が強引になってしまうから

あなたも好きかも:札幌市 東札幌 パチンコ店
それならその情報は書くに値します

 主人公の「内面の未熟さ」が生まれた環境というものを想定するのです

どんな世界なら主人公は「内面の未熟さ」を抱えたまま生活できたのか

あなたも好きかも:熊酒場 スロット 初代
それを考えて読み手に提示します

「日常世界を書く」とは、つまり「物語に関係するものを最初にすべて読み手に見せておく」のです

 推理小説の鉄則に「犯人は最初から物語に登場している人物でなければならない」「凶器も最初から物語に登場している物でなければならない」というものがあります

あなたも好きかも:パチンコ abc cm ロケ地 階段
もし犯人が途中から降って湧いてきた人物であった場合、無意味な文章を読ませていたことになるのです

また凶器も途中から出てくるようでは、読み手には思いつきだけで推理小説を書いているように見えてしまいます

 底の浅い推理小説ほど、興が醒めるものはありません

内面の未熟さを改善する方法の提示 日常世界の「説明」がひと通り終わったら、次は「出来事(イベント)の渦中に放り込ま」れた主人公があらわにした「内面の未熟さ」をどのようにして克服していくのか

その道筋を指し示します

 これは次の構成への「惹き」です

 修行の旅に出るのか、師匠を見つけて弟子入りするのか、勉強に励むのか、自習に努めるのか、とにかくあがいてみるのか

どんな行動をとるべきなのかをここで示します

そうすれば読み手は「第二章から修行の旅に出るのか」と次の展開をワクワクして待つことができるのです